CSR

すべてのステークホルダーたちと
「デジタルを活用してワクワクできる社会」を目指して

電通デジタルは「ワクワクするデジタルへ」をスローガンに掲げ、「電通グループ行動憲章」に基づき、社会の一員として日々の事業活動を通してサステナブルな社会の実現に向けたチャレンジを続けていきます。

国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)では、2030年までに達成すべき17の目標が掲げられています。
電通デジタルでも目標達成に向けて貢献できるよう取り組んでいきます。

人権啓発の取組み

電通グループでは社員と家族を対象に「人権スローガン」の募集を実施しており、社内研修なども設けながら人権啓発のために役立てる活動に取り組んでいます。

ユネスコ寺小屋運動 「書きそんじハガキキャンペーン」

電通グループでは、コミュニケーションの核となる「識字率」向上を図る寺子屋運動の趣旨に賛同し、未使用のハガキ・切手・プリペイドカードなどを回収して募金に換える「書きそんじハガキ・キャンペーン」に参加しています。

障がい者採用

電通デジタルでは、多様性のある環境づくりに向けて障がい者採用を積極的に行っています。 障がい者スポーツの普及・振興に貢献すべく、3名の選手を採用し、活動を支援しています。

選手紹介ページ

ボランティアウェブ

日本フィランソロピー協会のマッチングプログラム「ボランティアウェブ」を導入し、社員が就業時間外におこなう社外ボランティア活動を紹介しています。