2019年10月25日

デジタル広告

事業・サービス

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木禎久、以下、電通デジタル)は、顧客企業のアクチュアルデータを基に、より精緻な広告予算配分を導出可能なサービス「Private Cross Media Planner(プライベート・クロスメディア・プランナー、以下、Private CMP)」の本格提供を開始します。

Private CMPは、顧客企業のリーチ・ビューアビリティ・態度変容効果といったアクチュアルデータを基に、広告の予算配分を最適化するツールをカスタマイズし、KPIを最大化する最適予算配分を導出します。これにより、顧客企業はよりデータドリブンにKGIに寄与する広告投資が可能になります。

従来のメディアプランニングでは、プロモーション実施ごとに顧客企業が調査した広告効果の計測値を統合し、精緻なプランニング目標を設定しながらKGIを継続的に高めていくデータドリブンな仕組みの構築に課題がありました。また、アドフラウドやビューアビリティといったデジタル広告の価値毀損に関わる指標や、媒体ごとのターゲティング精度指標を含めた、統合的なKPIの最適化シミュレーションは容易ではありませんでした。

このような課題を背景に、顧客企業が蓄積している様々な計測値を取り込み、統計処理による最適な予算配分算出が可能になるスキームを構築し、この度のPrivate CMPの提供に至りました。顧客企業の計測値を用いることで、より精緻なプランニングやKPIの継続的な押上げへの寄与が期待されます。

■サービス導入のメリット

  • 顧客企業ごとにカスタマイズ可能
    ※計測データをご提供頂く必要があります。他企業へのデータ転用は行いません。なお、計測データを保有しない場合には、データ補完や広告出稿に伴う計測ツール導入からサポートします。

  • 最大化させたいKPIの柔軟な選択が可能 /p>

  • 媒体ごとのターゲティング精度を加味し、効率的な広告配信が可能

  • デジタル広告のビューアビリティを加味し、無駄な広告投下の削減が可能

  • 媒体間でのアクチュアルデータの重複度合いを加味し、正しいKPIの算出が可能

<図:「Private CMP」の仕組みの概念図>

「Private CMP」の仕組みの概念図


今後も電通デジタルは、デジタル広告の信頼性・透明性の更なる向上や、点在しているマーケティングデータの統合的な集約とその一元管理等の推進により、企業のマーケティング活動を支援してまいります。


<「Private Cross Media Planner」ロゴマーク>

「Private Cross Media Planner™」ロゴマーク

※Private Cross Media Plannerは商標登録出願中です。

以上