2020年02月27日

デジタル広告

事業・サービス

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役社長:川上 宗一 以下、電通デジタル)は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛 以下、LINE)が提供する各種法人向けサービスの販売・開発のパートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」において、「Sales Partner」の全3部門で認定されましたのでお知らせします。
具体的には、「Sales Partner」の2部門でランクが付与され、「コミュニケーション部門」では「Silver」、「広告部門」では「Silver」、「販促・OMO部門」では一律の「Special Award」に認定されました。また、「Planning Partner」の認定も受けました。

LINE Biz Partner Program

LINE Biz Partner Program

「LINE Biz Partner Program」は、LINEが提供する各種法人向けサービスの拡販および機能追加・改善をより積極的に推進することを目的に導入された、サービス販売の「Sales Partner」およびサービス提供の「Technology Partner」における「コミュニケーション部門」、「広告部門」、「販促・OMO部門」の3部門と、「Planning Partner」において、広告代理店やサービスデベロッパーを認定・表彰するプログラムです。

※「Technology Partner」の「広告部門」、「販促・OMO部門」および「Planning Partner」は今回のPartner Awardの表彰対象には含まれません。

「コミュニケーション部門」はLINE公式アカウントを中心軸とした広告サービスを、「広告部門」は運用型広告「LINE広告」を、「販促・OMO部門」はLINEを活用した店頭販促ソリューションを対象とし、それぞれ売上実績などの基準をもとに認定されます。

当社は、顧客企業のニーズとLINEの特性を踏まえた適切なソリューションの提案と、広告運用実績が評価され、この度「Sales Partner」において全3部門での受賞となりました。認定パートナーは、そのランクに基づき、新プロダクトの優先案内(広告部門を除く)や営業サポート、LINEのメディアでの紹介や、LINE主催イベントへの招待などの特典が付与されます。

電通デジタルは、電通、電通テックとの3社共同による販促・店頭領域のデジタル・ソリューションをグループ横断で推進するプロジェクトチーム「Boostore(ブーストア)」にて、LINEと連携したソリューションの開発・提供や、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA※1」を活用したLINE広告におけるオンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションの提供、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションが可能になる新規顧客獲得・既存顧客育成支援サービス「BOT BOOSTaR(ボットブースター)」の開発・提供などを行っています。

電通デジタルは、今後もLINEとの連携を強化し、デュアルファネル®を活用したマーケティング戦略を立案・実施し、顧客企業のマーケティング活動に寄与してまいります。

※1:「STADIA」とは
電通が開発した「STADIA」は、テレビをはじめとする"オフライン"メディアと、スマートフォンやPC上の"オンライン"メディアのデータを統合し、より効率的なマーケティングを実現させるオンオフ統合ソリューションで、2020年02月時点で、約500万台のテレビ(国内最大規模)を対象としてテレビを視聴した人々を推定し、ダイレクトに、リアルタイムに、デジタルマーケティングを行い、統合的に効果測定します。ブランドの認知と行動の断絶をなくし、スムーズな態度・行動変容を促します。

以上