【3社共催セミナー】
DXのその先へ!データから次の一手を見出すには
- データを「成績表」ではなく「コンパス」に -

【3社共催セミナー】DXのその先へ!データから次の一手を見出すには - データを「成績表」ではなく「コンパス」に -

開催概要

テクノロジーの急速な発展によりオンラインでの顧客接点が増え、蓄積されるデータは増加しています。ただし、この蓄積したデータを「十分にビジネスに活かせていない」という課題をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

例えば、

  • データの活用が、レポート作業までになっている
  • 改善すべきポイントが特定できない
  • データから打ち手の策定まで至らない
  • 効果的な分析手法のノウハウがない
その答えの一つとして『行動分析』の手法があります。本セミナーでは、行動分析によってUX強化に導くデータ活用法を解説していきます。

今回は、電通デジタルに加え、行動分析とUX改善に強みを持つAmplitude社とビービット社を招き、事業成長、グロース、DX推進、UX企画力などをキーワードに、行動分析によるデータ活用の可能性を探求していきます。

さらに、本セミナーでしか聞けない内容として、行動分析の雄である両社を交えてパネルディスカッションを行います。最新の事例やこれからのデータ分析の展望など、本音ベースでさまざまな討議を行います。

日時

2021年1月12日(火)15:00~16:10

会場

オンライン

※当日の参加URLはウェビナー当日までにメールにてお知らせいたします
※セキュリティ改修後の最新のZoomを使用し、安全に配慮したウェビナー運営をいたします

対象者

  • データ分析サービスの導入を検討している企業の意思決定者や担当者
  • Google Analyticsを使用しているものの、事業やサービスの伸び悩みを感じている方

参加費

無料(事前登録制 登録締切 : 2021年1月7日(木)17:30)

アジェンダ

  • 第1部「行動分析とは何か」(電通デジタル押山)
    さまざまな分析手法がある中で、分析の目的や活用が定まらない企業も多いのではないでしょうか。データ活用の切り口の一つとして今回紹介する手法は、データの中から「なぜ?」を発見する手法です。「行動分析」の概要や目的、その効果・用途について、分かりやすく解説します。

  • 第2部「DX推進の次の一手」(Amplitude米田氏)
    DX推進により、顧客の行動ログを収集し、事業パフォーマンスの推移を見える化することに成功している企業が増えてきている一方で、データをより深く分析し、次のビジネス成長に向けた示唆出しまでを実現できている企業が少ないのが現状です。ここでは成長企業が採用する「ユーザー分析手法」と、どのようなグロース分析が行われているかを解説します。

  • 第3部「事業グロース伸び悩みの処方箋」(ビービット佐藤氏)
    事業の中で「伸び悩み」が深刻な状態に、どのような対処が必要かに頭を悩ませているマーケティング担当者が数多く見られる中、その「伸び悩み」に効果的にアプローチする行動分析の手法と考え方を、最近よく聞く顧客の声とともに解説していきます。

  • 第4部「パネルディスカッション」
    行動分析の雄である両名を交えて、行動分析についての疑問の解消や理解を深めてもらうべく、国内外の事例を踏まえながらさまざまな討議を行います。

注意事項

競合他社やパートナー企業、個人の方からのお申込みはお断りさせていただきます。
プログラム内容は変更となる場合がございます。

登壇者

  • Amplitude .inc
    日本カントリーマネージャー
    米田 匡克

    三菱電機株式会社情報技術総合研究所で技術者としてキャリアをスタート。
    Gemstar TV Guide で取締役副社長、Entropic Communications で代表取締役社長、Chartboost、LEANPLUM でカントリーマネージャーとして日本代表を歴任。
    2019年よりグロースハック向けプロダクトアナリティクスを提供する米 Amplitude の初代日本カントリーマネージャーに就任。

  • 株式会社ビービット
    UXインテリジェンス事業部 プロダクトマーケティング担当
    佐藤 駿

    東京大学経済学部を卒業後、ビービット入社。コンサルタントとして、保険、メディア、ECなど様々な業界のUX向上のご支援を行った後、SaaSセールスとして、WebサービスやECサイトなどを中心に、USERGRAM導入後まで含めた成果創出のご支援を実施。
    現在はプロダクトマーケティング担当として、アプリやデジタルサービスの改善に向けたサービス開発に携わる。

  • 株式会社電通デジタル
    ビジネスデザイン事業部 プランニングマネージャー
    押山 裕之

    株式会社電通デジタル ビジネスデザイン事業部 プランニングマネージャー
    マーケティングのCRMを中心とした戦略立案を担当。DXに関わるプランニングから分析設計まで、幅広い領域を対応する。担当分野として、データ統合支援、データ分析、AI導入設計、CRM・MA構築の他、B2B領域の支援にも強みを持つ。

お申し込み

お申し込みは終了しました