ダイレクトクリエーティブ開発~運用

電通独自の豊富なデータを活用し、ターゲットとなる消費者のインサイトを徹底的に深堀ります。ターゲットに刺さる訴求軸、コピー、ビジュアルを開発しバナー広告(静止画および動画)として配信。配信結果データを見ながら、効果改善のためのクリエーティブ運用をプラットフォームの特性に合わせてPDCAを回していきます。

クリエーティブ開発フレームワーク

0次分析

電通オリジナルの"人"を基点に統合したデータ「People Driven DMP®」を活用し、ターゲットの心理を分析。
ターゲットの態度変容に決め手になっているもの、障害となっているものを洗い出し、ペルソナ、カスタマジャーニーを作成します。

訴求軸・コピー開発

0次分析で作成した、ペルソナ、カスタマジャーニーからターゲットごとに届く訴求をすべて洗い出し、チャート化します。
チャート化した訴求軸に対し、ユーザーに刺さるコピーをアドバンストクリエーティブセンターに所属する専門のコピーライターチームが数十本~数百本のコピーを開発します。

ビジュアル開発

配信するメディアの特性を理解した、ダイレクトクリエーティブ専門のデザイナーがビジュアル開発を行います。
検証フローに合わせ、デザインバリエーションの作成、ブラシュアップ、リサイズまで実施します。

PDCA設計・運用

メディアの規定、ターゲティング、配信ロジック、クリエーティブの勝ちパターンを日々研究し、メディアの特性に合わせたクリエーティブPDCAを設計し、効果改善に向けたクリエーティブ運用を行います。