電通グループのデジタル × グローバルネットワーク

電通グループは、世界145か国以上に拠点をもち、グローバルでデジタル収益の比率は46%を超える、巨大な「デジタルネットワーク」を保有しています。電通デジタルは、そのヘッドクオーターである日本におけるデジタル中核事業会社として、グループの海外拠点と連携したグローバルクライアントの国内マーケティング支援や、電通イージス・ネットワーク(DAN)およびグローバルプラットフォーマーと共同でのソリューション開発を推進しています。
※2018年末現在(参考リンクhttp://www.dentsu.co.jp/ir/hitomedewakaru/

電通イージス・ネットワーク(DAN)との密接な連携

世界最大級のパフォーマンスエージェンシーのiPropsect、CRMやデータインテグレーションに強みを持つMerkle等、DANのデジタル専門会社とシームレスな協業を行い、常にグローバルで最先端の知見をアップデートしています。

また、グローバルクライアントのニーズに応じて、柔軟にチームを組成し、ダイバーシティに溢れたチームで、ボーダーレスなオペレーション体制を構築しています。

グローバルプラットフォーマーとのR&D

各グローバルプラットフォーマーとのリレーションも、DANと密に連携し、グローバルのスケールメリットを生かす形で構築。新プロダクトやAPIのテスト、先端ソリューションの開発、世界でも最先端の事例開発等を積極的に推進しています。

また、DANインドのテクノロジー開発拠点(DAN Data Lab)には、電通デジタル専属の開発チームが在籍し、各種プラットフォームのAPIをフルに活用した広告プランニング・運用最適化ツールの共同開発を行っています。