マーケティングプラットフォームデザイン

テクノロジーを競争優位に結びつける

日々進化するテクノロジーや、それにより飛躍的に増加するデータを、顧客体験の
進化と競争優位の実現にどう活用するか。カギとなるのは、プラットフォームとして機能する、マーケティングシステムの構築です。
電通デジタルでは、戦略立案・サービス構想から開発、そして施策展開まで、一連のコンサルティングを提供します。

日々進化するテクノロジーや、それにより飛躍的に増加するデータを、顧客体験の
進化と競争優位の実現にどう活用するか。カギとなるのは、プラットフォームとして機能する、マーケティングシステムの構築です。
電通デジタルでは、戦略立案・サービス構想から開発、そして施策展開まで、一連のコンサルティングを提供します。

データ・テクノロジーから新たな体験価値を創造する"クロステック戦略"

データやテクノロジーの持つ可能性を最大限に引き出し、それらをサービスや業務に活用していくことができるかどうかは、企業の競争優位を左右します。
また、データの収集・蓄積で優位に立つためには、
優れた顧客体験を実現する必要があります。

データやテクノロジーの持つ可能性を最大限に引き出し、それらをサービスや業務に活用していくことができるかどうかは、企業の競争優位を左右します。
また、データの収集・蓄積で優位に立つためには、
優れた顧客体験を実現する必要があります。

電通デジタルでは、電通グループが蓄積する「マーケティングノウハウ」「生活者視点」という独自の強み、デジタルテクノロジーの知見を組み合わせることで、新たなビジネスモデルやユースケースをデザインします。

電通デジタルでは、電通グループが蓄積する「マーケティングノウハウ」「生活者視点」という独自の強み、デジタルテクノロジーの知見を組み合わせることで、新たなビジネスモデルやユースケースをデザインします。

データ質量を最大化するハイブリッド型"アーキテクチャー戦略"

自社やグループ企業内に散在するデータを統合し、
独自にデータの質量を向上させることも、競争優位を生む上での論点の一つです。
その際は、どこまでを内製し、どこからを外部のツールやプラットフォームを利用すべきかかといった、
グランドデザインの検討が重要な課題になります。

自社やグループ企業内に散在するデータを統合し、
独自にデータの質量を向上させることも、競争優位を生む上での論点の一つです。
その際は、どこまでを内製し、どこからを外部のツールやプラットフォームを利用すべきかかといった、
グランドデザインの検討が重要な課題になります。

電通デジタルでは、ベンダーフリーの強みを活かし、さまざまなソリューションをハイブリッドに組み合わせることで、企業にとって最適なアーキテクチャーをデザインします。

電通デジタルでは、ベンダーフリーの強みを活かし、さまざまなソリューションをハイブリッドに組み合わせることで、企業にとって最適なアーキテクチャーをデザインします。

プロジェクトや組織に変化対応力を備える"アジャイル戦略"

デジタル領域では、戦略の立案と実行プロセスが密接につながり合っています。
つまり、重厚・精緻な戦略立案に時間をかけるよりも、スモールにスタートして、柔軟に軌道修正していくPDCA型のアプローチが競争優位を決定づけるカギとなります。

デジタル領域では、戦略の立案と実行プロセスが密接につながり合っています。
つまり、重厚・精緻な戦略立案に時間をかけるよりも、スモールにスタートして、柔軟に軌道修正していくPDCA型のアプローチが競争優位を決定づけるカギとなります。

電通デジタルでは、マーケティングとテクノロジーの専門家をワンチームで組成できる強みを活かし、アジャイルに成果を生むプロジェクトをデザインします。

電通デジタルでは、マーケティングとテクノロジーの専門家をワンチームで組成できる強みを活かし、アジャイルに成果を生むプロジェクトをデザインします。

エキスパート

  • 高田 晴彦
    デジタルコンサルティング事業部 事業部長

    NRI野村総合研究所でのコンサルティング経験を経て、2017年より電通デジタルに入社。デジタルトランスフォーメーション戦略の立案から実行支援まで幅広いテーマに従事。特に、テクノロジーを活用した戦略策定・事業開発・業務改革・プラットフォーム導入支援などを得意とする。早稲田大学ビジネススクール修了(経営管理修士・MBA)。

  • 小橋川 嘉樹
    デジタルコンサルティング事業部 マネージャー

    電通で戦略プランニング・データサイエンス領域を中心にIT・金融・日用品・耐久財・交通など幅広い分野のMA/CRMのプロジェクトに従事。その後電通デジタルでは2016年の設立当初より,データ活用を軸としたマーケティング変革のコンサルティングを行う傍ら、金沢大学客員研究員として産学連携も視野に観光・地域振興でのマーケティングアプローチ導入を支援している。

  • 佐々木 祐輔
    デジタルコンサルティング事業部 マネージャー

    総合電機メーカー、外資系コンサルティングファーム、広告代理店系コンサルティング企業を経て、2018年より現職。 電機、通信、金融、飲料、食品、アパレルなど幅広い業界にて、マーケティング戦略・新規事業の立案やITを活用したBPRの推進を実施。現在は、クライアントのデータドリブンマーケティングの実現に向け、事業戦略から組織・業務改革まで含めて推進。中小企業診断士。