2020年06月25日

デジタルトランスフォーメーション

お知らせ/その他

COVID-19は、企業活動や我々の生活に大きな変化と打撃を与え続けています。
アフターコロナと言われますが、我々はこの変化をより中期的なもの・不可逆的なもの、かつ、乗り越えて糧にすべきチャンスともとらえ'BEYONDコロナ'と名付けました。

本セミナーでは、緊急で行った電通デジタルオリジナルの生活者調査や、企業のDX事例などをご紹介しながら、今後企業が考えるべきデジタル変革における重要テーマについて、2日間に渡ってお送りいたしました。

Day1で実施した4つのセッション動画・配布資料を公開しておりますので下記よりお申し込みください。

※こちらはDay1のページとなります。Day2はこちらのページを参照ください。

Day1

【ブレークアウトセッション <BEYONDコロナに向けて>】
「最新生活者調査からみる生活者変化と、ビジネス変革のヒント」

電通デジタルで直近で実施した生活者調査の結果を元に、消費に関する価値観や行動の変化、デジタルサービスに対する意向の変化などをご紹介しつつ、今後企業が取るべきDXやマーケティング戦略に対するヒントをお話します。

登壇者

SAKUSEN TOKYO代表 堀昌之氏
電通デジタル ビジネストランスフォーメーション部門 部門長 安田裕美子

【第1部】
「先が見えない時代に強い企業になるDX時代の組織づくりに必要な「パーパス」とは?」

デジタル化に伴う世の中の急激な変化、突如として襲い掛かる世界的危機、そんな中で自らを変革しながら生き残ることが今、企業には求められています。そこで必要となるのが企業の存在意義「パーパス」です。パーパスドリブンな企業がどう変革を成し遂げているのか?を、エスエムオー株式会社代表取締役の齊藤氏をお招きして事例と実践ケースを交えながら、ご紹介します。

登壇者

エスエムオー株式会社 代表取締役 齊藤三希子氏
電通デジタル ビジネストランスフォーメーション部門 サービスイノベーション事業部 石井香織

【第2部】
「不可逆変化を捉えた新事業開発 電通未来曼荼羅2020-BEYONDコロナ-と"未来デザインクラウド"実践事例」

強制的なパラダイムシフトの最中だからこそ新しい事業・サービスを仕掛けていきたい、という皆さまに、すべてオンラインで進められる事業開発サポートのメソッドと事例をお話しします。幅広い視点で未来変化の兆しをとらえ、自社の資産を活かして一気に実装していく手法を実践し、日々アップデートしています。

登壇者

電通デジタル ビジネストランスフォーメーション部門 サービスイノベーション事業部 事業部長 加形拓也

【第3部】
「巣ごもり消費で加速するオンラインサービス利用 サービスプロトタイピングスタジオのご紹介」

オンラインサービスの存在感が高まる中、いかにサービスを素早くプロトタイピングし、市場からの評価を得ながら事業化につなげるためにはどうすれば良いのか?企業が陥りがちなよくある失敗とは何か。新ソリューション「Service Prototyping Studio」のご紹介を通じ、それらの原因や解決方法をお伝えするとともに、企業の新規デジタルサービス開発を支援する、現場の知見を活かしたメソッドを紹介します。

登壇者

電通デジタル ビジネストランスフォーメーション部門 サービスイノベーション事業部 グループマネージャー 松本健吾